FC2ブログ

利益よりも損失を抑える(2)

>まだまだ迷っています

人間ですから誰でも迷いはあります。金銭がかかっているのですから欲も絡みます。
では、迷った結果が吉と出るのか、考え抜いた結果が吉と出るのか、、、
といえば、まったく関係がありませんね。

であれば、、、迷ったり悩んだり、考えたりすることに意味はないわけです。

なぜ、迷ったり悩んだりするのか?
それは売買の判断に制限がかかっていないからでしょう。

どこで買おうが、どこで売ろうが自分の自由です。何の制限もありません。
何の制限もないから迷い、考えるのです。

売買に制限があったら、何も迷うことはないし、何も考えることもない。
そこで自分に自分で売買に関しての制約をかける。

ただそれだけのことで悩んだり、考えたりという無駄なストレスから解放されるのではないでしょうか。
もう一つのメリットは、一貫性のあるトレードができるということにもなります。

私の場合は、、、
1.陽線を買う。
2..陰線は売る。
3.切り返しを買う。
4.陽線3本目は売る。
5.迷ったら売る。

基本的に、これを売買の制約として自分に課しています。

ですから売買に関して迷いもないし、悩むこともありません。
自分に課した制約どおり買い、制約どおり売る。
ただ、それを繰り返しているだけということになります。

チャートに私の制約どおりのトレードを示せば下のとおりとなります。
300-6-6-6-8.png
自分に課した制約どおりに売買するだけですから、いくらで売ろうとか、いくらで買おうとか、、、そういう考えはありません。さらに、利益確定とか損切りとかの考えもありません。

ただ、自分が決めたとおりの条件に従って売買を繰り返すだけが私のトレードです。
「上がったもの(陽線)は上がる」
「下がったもの(陰線)は下がる」

トレードの基本は、ただこれだけだと思います。

~ つづく ~
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

もう迷わないことにします

心のケアまでしていただきありがとうございます。

今月は結果を出そうと、ほぼ毎日チャレンジしたのに
うまくいかないことが多く、かなりのストレため込んで
しまいました。
それから、あーしようこーしようと悩んで時間を浪費。
自己嫌悪に陥っていました。

諏訪さんは、このブログ内で何度も何度も基本を教えて
くださっているのに、私は何を悩んでいるのか。

損切りしても悩まずに、諏訪さんの教え通りにやっていきます。

No title

1回のトレードて損切りは難しいですね。
精神的ダメージが大きい。
 
1000回のうちの666回の損切りなら印象
変わりますね。(゚◇゚)(>_<)
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク