FC2ブログ

諏訪流投資術

デイトレードに夢中になっていた50代。
何も見えずに、、ただ金儲けのためにボード画面に貼りついていた。
そのストレスも半端なく、大金は手に入れたが、、、
そのために視力減退に陥った。

そして60代をすぎ、パソコン画面を見るのも辛くなり、、、
それでもトレードは止められない。
一日中家にいて、何の楽しみもない。
唯一の娯楽がトレード。

そこでトレード制限。1日30分。
デイトレードはやらない。

こうして気が付いてみれば、、、もう70に手が届く。
人間70年も生きていると、いままで見えなかったものが見えてくる。

損をしたくないから損切りをしない、、、という人。
損をしたくないから損切りをする、、、、という人。
むかしは、、、損切りをしないから損をすると言っていた。

しかし、、、この歳になって思う。
どちらも正しい。

上がっていく株価に飛びつくのが儲けるコツ。
下がってきた株価を拾うのが儲けるコツ。
むかしは、、、上がる株を追いかけなければダメだと言っていた。

しかし、、、この歳になって思う。
どちらも正しい。

要するに、、、どちらが正しくて、どちらが間違いという話ではない。
どちらを選ぶか、、、という話だろう。

そして、、、私はいまの投資法を選んだ。
上がった株価は、さらに上がる。

「5分足チャート」
300-6-7-7-2.png
寄り付き、前日終値より上がれば買い。
ボードは10分程度見ていれば良い。
5分足2本が陽線なら、、、見ていなくても上がっていく。

お昼ごろ、買った株価のチェックをする。
含み損になっていれば当然切り捨てる。

引け間際、、再度株価のチェック。
順調に上がっていれば、そのまま放置(持ち越し)

「5分足チャート」
300-6-7-7-1.png
寄り付き、下がった株価はもう見る必要はない。
下がった株価は下がっていくだけだから。。。



 
上がる株価の高値を追いかけていく。
含み損は、即、切り捨てる。


何も考えない。
正しいか、間違っているかではない。
自分が選択したことを正しいと信じ切る。

これが私が到達した諏訪流投資法である。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク