FC2ブログ

樹海行バスの乗客

きょうは退屈なので、いろいろ思い付くまま書いてみる。

昔、昔、、、ホリエモンなどがネットトレーダーとして大活躍していた時代。
当時は私もまだ若く、億トレーダーを目指していた。
200万円の元金で3000万円余まで増やしたこともあった。

その当時のカブ友に、、、一人の若き女性トレーダーがいた。
自己資金なしで、トレード資金はすべてカードローン。

借り入れた30万円の元金で信用をフルに使ってトレードしていた。
一時は億の一歩手前まで行った。

しかし、世の中そんなに甘くはない。
ネットバブルの崩壊で、、、、株価暴落、、、

当時、カブ友は10人近くいた。
みんな億トレーダー一歩手前までいった人たちである。
このネットバブルの崩壊で、、、

みんな大打撃を受け、、
【樹海行き】という言葉が流行った。
樹海行きとは、、、自殺、、、という意味である。

誰々が樹海行きのバスに乗った、、、とか、、
自己破産した、、、とか、、、
私たちカブ友の間でも話題にのぼった。

私も2000万円近くが泡と消えた。
が、、、そこでギャンブルトレードから身を引いた。

カブ友たちも一人減り、二人減りと、、、やがてすべてが消えていった。
かの若き女性トレーダーも、、、自己破産します、、の書き込みを最後に消えた。

ネットバブルの崩壊とは言っても一瞬で暴落するわけではない。
上がったり下がったりを繰り返しながら下がっていくのである。

だから、、、、引き際を見誤る。

あの女性トレーダーにしても、、、途中で見切りをつけて損切り清算すれば、、、
1000万円程度は残ったはずである。

元々、借金で作った億の資産なんだから、、、
それが1/10の1000万円になったとしても大儲けなのである。

だが、、、本人は億円の夢が捨てきれない。
もうすぐ上がる、もうすぐ上がる、、、と、、、
結果は、蟻地獄に堕ちた蟻と同じ結末。

人間とは、、、哀れなものである。
はまり込むと何も見えなくなってしまうものである。

男に狂った女、女に狂った男、、、
トレードやギャンブルに限ったことではない。

私は、、、この教訓を忘れないように、、、
ギャンブルトレードは止めた。

トレードで利益確定(儲ける)のことのみを考えていると、、、相場は見えなくなる。
だから、、、私は、、、損切りのことだけを考える。

トレードで重要なのは、株価が上がることではなく、下がることである。
初心者と言われる人たちは、上がることしか考えていない。
株価が上がったら「いくら儲けられる」とソワソワドキドキ。

下がったら、、、「また上がってくるだろう」と何も考えずに放置。
自分の大切なお金が減っていくのに何も心配しないのである。

要するに、、、一言で言えば、、
ベテランと初心者の違いは、、、考えていることがまったく逆なのである。

いまのトレーダーに、億トレーダーを夢見てギャンブルトレードをしている人はいないだろう。
相場環境が当時とはまったく違うし、、、、

なにせカードローンやサラ金の借金でトレードを始めるという豪傑も、、、
そんな度胸のあるヤツもいないだろう。

そんな度胸のない人間に、株で莫大な資産が作れるはずはない。

むかしと比較して、、、そんなことを思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

株で成功するために人とは違うことを考える、マイノリティになる方法を考える、と思った時に、損切りだけを考えるというのはとても面白いというか、良いアイデアを頂いた気持ちです。
自分の目に自信はありませんが、やはり諏訪さんの考え方やトレード手法が一番心に響きます。
いつもありがとうございます。ご健康でいつまでも宜しくお願い致します。

No title

私の考え方の原点は・・・
社会人になったばかりの頃の上司のアドバイスでした。

”逆も真なり”

高卒のお前はバカなんだから・・・
大卒と同じことを考え、やろうとしても大卒にかなうわけがない。

頭脳優秀な大卒が考えもしないことを発想する。
それが・・バカの生きる道だよ!!

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク