FC2ブログ

作戦を立てて実行する

you さん
>ラインの引き方がよく分かりません。
>たとえば2160 GNI のチャートはどのように分析したら良いのでしょう。


「2160 GNI(日足1年)」
300-6-9-3-6.png

下がってくる株価の場合、ラインは、下値のフシとトレンドラインになります。

まず、下値のフシとは、下がってきた株価がどこで下げ止まるかの注目ポイントとなります。
このチャートで言えば、まず前の高値①が第一ポイント。
次が、その前の高値②が第二ポイントとなります。

このチャートの場合、第一ポイント①は、あっさりと下に突き抜け。
現在、次の第二ポイント②を挟んでのもみ合い状態となっています。

次のポイントは③のライン。
ここは相当長い期間もみ合った価格帯ですから硬い岩盤とみていいでしょう。
さらに下から上がってきている上昇トレンドラインが近づいてきている価格帯とも重なってきています。

ここまで下がってくれば<買い>と判断しても良いのではないでしょうか。
当然、この価格帯を下に抜ければ、その下は真空地帯ですから迷わず売り払うのが正解となるでしょう。

ラインはなぜ引くのか?

チャートにラインを引くことで売買判断の基準ができます。
売買判断の基準ができるということは作戦が立てられるということですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わかりやすい説明ありがとうございました。
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク