FC2ブログ

投資資金を増やし続けるために

トレードを始めた人の目的は何なんだろう、、と考えてみる。
こんなこと考えるまでもない。
すべての人が投資した自分のお金を増やすことにある。

お金を増やしたいと考えてトレードを始めるのに、、、なぜ損をする人がいるのか?

それは、、、思考が、、、儲けることしか考えていないから、、、
と私は思う。

儲けた時のことだけを考えて、損したときのことは何も考えていない
ただこれだけのことだろう。

まず初心に帰って考えてみる。
トレードの目的は何なんだ???
投資したお金を増やすことではないのか???

お金を増やすことが目的なら、、、やらなければいけないことは、、、ただ一つ。
”損をしないこと”
利益を上げられないトレーダーの共通点は、、、損したときの対応を考えていないこと。

トレードとは、一か八か、上がるか下がるかに、お金をかけること。
当然に、儲かることもあるし、損することもある。
当然のことである。

だが、、、儲かることしか考えていないトレーダーは損が出た時、、、、
損が出ることを想定していないから思考停止状態に陥る。
損したときのことは何も考えていないのだから当然である。

その結果、、、目の前の問題に対処できずに先送りする。
これはトレードに関わらず、人間力(人格)にも関わってくるのではないか?

目の前の問題に対処できずに、、、
先送りする、、、責任転嫁する、、、そして何もできない。
サラリーマンの社会には、よくいるクズ人間。

判断の結果は、、、誰にも分からない。
分からないが、、なにがしかの決断を下す。。
それが信頼できる上司、、、人間ではなかろうか?

トレードでは、、、それが試されている、、と、、私は考える。
そしてその人間力が、、、トレードで鍛えられる、、、と私は考えるのである。

私のトレードに対する考えは、、、
1.投資したお金を増やすこと(減らさないこと)
トレードでは、買い注文を入れる⇒約定と同時に成り行き売りの注文を準備して値動きを注視。
含み損になったら、、、即、売り発注。これで損切り金額は最小限に抑えられる。

2.目の前の利益は確実に取り込む
日中足の動き、日足の形で判断して、弱い(逃げるべき)と感じたら迷わず売り抜ける。
薄利とか、損切りとか、、、そんなことは判断の材料ではない。危ないと感じたら逃げる。
いったん逃げてから考えれば良いのである。

そうすれば、、、
”売らなければ良かった”などという愚痴など言うはずもない。
下がったら売り、上がり始めれば買い直し、、、何も後悔や愚痴など出るはずもないはずである。
何の判断もせずに眺めているから、そんなみじめなことになるのである。

3.何も考えない
チャートが買いの形になったら何も考えずに買う。
ダメだったら、、、何も考えずに売る。
すなわち感情のない機械に徹すること。
人間が考えるとは、、、まず自己を正当化する、、、自己を弁護する、、、そのための理屈を考える。
その結果は、、、すべて自分に都合の良い方向へ思考を誘導していく。
”私は間違っていない””私は悪くない”と思い込んだ時点で間違っているのである。

損をしないで、確実に現金を積み上げていく。
トレードで自己資金を確実に増やしていくことなど簡単なことであろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

名言

”私は間違っていない””私は悪くない”と思い込んだ時点で間違っているのである。

No title

この言葉、安倍さんに送りたい
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク