FC2ブログ

懐かしく思い出した

3月17日の福井市議会予算特別委員会で堀江廣海委員(77)が、北陸新幹線福井開業に向けた観光プロモーション事業で「フォトジェニック」や「インフルエンサー」といったカタカナ語が多用されていると苦言を呈し、「日本語」で説明するよう理事者に求めた。堀江委員は「プロモーション」の意味を尋ねた後、事業について「キャッチフレーズ、ロゴ、エリアブランディング、ポータルサイト、インスタグラマーと多くの横文字、片仮名が並んでいるが、年寄りには分からない」として「日本語でやってほしい」と求めた

*******************************

平成元年の知事選挙で初当選した「梶原 拓 知事」が、県議会での所信表明演説でのことを思い出す。
梶原 知事は、建設省のキャリア官僚から転身した知事。。
高学歴者であることを誇示したかったのか、どうかは分からないが、カタカナ語を多用した所信表明演説を延々とぶち上げた。
演説が終わり、意気揚々と席に戻った知事に向けて、、、
県議会の長老議員が、、、
「ここにいる誰ひとりとして、いまの演説を理解できた者はいない」
「ここは日本国だから、もう一度、日本語で演説をやりなおして欲しい」

と、やり直させた話は有名である。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以前、」知事室で課長と同席し、」説明
したおり 警官は人以下なんでそんな施設は要らん!と

そんな文面が、ありました  さもありなんですな

県裏金問題で、当時の梶原知事が記者会見までして
自身も噛んでいた裏金問題で、矢表に立たないと
蓋ができないとして、2億返金 つまり認めたんです 裏金していたと

 あのおっさんは、当時岐阜県庁では
天皇と呼ばれていた、おっさんでうs。 人相からしても
金丸幹事長とよく似てて、悪代官顔ですな」

パワハラ官僚

佐川前国税庁長官 嘘つき野郎で、国会での答弁で

完全に偽証した輩である 今回、民事で賠償提訴された。

 近畿財務局員さんの遺書を、新聞でみましたが胸が詰まるな。
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク