FC2ブログ

お宝探しはチャート探し

教師と言う者は、生徒に「努力すれば叶えられないことはない」などと妄想に近い夢を抱けと教えるものだが、私の中学の担任だった泉先生は、、、

「二者択一の選択をした場合、大多数はハズレの方を選ぶ」
「よって、大多数が成功者になることはない。」


と教えた。
要するに、大多数の人間は成功者などにはなれないのだから、「現実的な人生を生きろ」と教えたのであろう。

トレードの場合、「買えばよかった」「売ればよかった」というフレーズがよく聞かれる。
それは「買うべきか、売るべきか」という二者択一の選択で迷ったからではないのか?

トレードの場合でも迷ったら負ける。
二者択一ではなく「買うべきところでは絶対買う」という自信と確信をもって買うべきであろう。

300-7-2-7-6.png

その自信と確信の根拠は、フシと株価の動き、、、それしかない。

上がる予兆(サイン)はチャートに表れている。

① 下値のフシを形成して、ピョコンと跳ねたところ。
② 天井のフシを窓を開けて飛び出したところ。
③ 下げてきた株価が陽線で下げ止まり、窓を開けて上に飛んだところ。
④ 天井のフシを窓を開けて飛び出したところ。

こういうサインを見つけたら迷わず飛び乗ってみることである。
絶対失敗(下がる)しないのか?

当然ある。。。

だから、、トレードは面白いのである。
儲かってばかりだったら、、、簡単な子供のゲームと同じで、こんなもん面白くもない。。。

それなら迷わず買えないだろう。

トレードで儲けることとは???
大きな損をしないこと、、、ただそれだけ。

損切りライン(フシ)の直近で買うのだから、、、損をしたところで些細なもの。
すぐ取り返せばよいだけのこと。

300-7-2-7-7.png

こういうチャートはどこで買ったら良いのか?
こんなもん買えるわけがない。

フシもなければトレンドもない。
ただ乱高下してるだけのチャート。
こんなのに手を出していては負けて当然。

買う根拠があって、自信と確信をもって買えば必ず報いられるのがトレードである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク