FC2ブログ

マネーよりメンタル優先

まゆははさん
>こんにちは。お世話になっております。4月に入会した者です。
>某投資顧問の強気推奨銘柄(東証2部)を、強気で買ってしまい、翌日、ストップ安になり、80万ほど、損をしてしまいました。投資顧問を、まるっきり信じてしまっていた自分が、情けないです。信じるべきは、諏訪様の教えと、チャートでした。諏訪様は、今まで最大どれくらいの損失を出したことがありますか?その時、どうやってモチベーションを復活させましたでしょうか??

まず商売とは何か?と考えてください。商売とは、客からお金をいかに巻き上げるか?お客をいかにその気にさせて(騙して)お金を巻き上げるか?で業績が決まってくる。それが商売と言うものです。

たとえば、スーパーなどでも「お客様第一を考えて値下げしました」と言いますが、これなども、お客のことを考えて値下げしたのではなく、本当のところは下げないと売れないから値下げしているだけのこと、つまり、いかにお客のことを考えて商売しているかのように見せかけて、いかにお客からお金を引き出すかを考えているわけです。

会員さんの中には自営業をやってる人もいますので、ちょっと言い訳をしておけば、それが悪いと言うのではなく、それが商売なのだということを言っています。言い方を換えれば、本心からお客のことを考えて商売をやっていれば、採算的に成り立たなくなって潰れてしまうということです。

商売とは、そういうものだということを前提に、投資顧問や証券会社の推奨銘柄について考えてみましょう。投資顧問や証券会社は、客に儲けさせることを商売としてやっているわけではありません。お客からいかにお金を引き出すかを考えている。すなわちそれが投資顧問や証券会社の商売だということです。

投資顧問の強気推奨で買い、翌日ストップ安で大損したということですが、その投資顧問は、ストップ安になるという情報を前日に聞きこんだ。その銘柄を抱え込んでいる。このままでは大損をしてしまう・・という状態になった時、出来る限り高い値段で処分してしまいたい。・・・こう考えるのが商売でしょう。

そこで下がるのが分かっているのに「上がる」と強気推奨する。その客寄せの広告に吸い寄せられたお客に、自分の保有株を引き取ってもらう。そしてストップ安となりますが、投資顧問はすべてお客に引き取らせてしまった後だから損をしなくて済んだ。

これを詐欺だと言う人がいますが、そうではなく「それが商売なのだ」ということです。原価10円のものを100円で売る。原価10円のものを1000円で売る。これが商売上手であって、お客様のためにと10円で仕入れて5円で売っていたら、誰もが馬鹿だと言うでしょう。

会員さんの中にも「投資顧問や投資情報に騙された」と感じている人はたくさんいると思います。でも、それが「詐欺」だと怒っているのなら、ちょっとそれは勘違いです。商売とは何かと言う基本的なことを知っていれば、投資顧問などの商売人が他人に儲けさせるわけがないということは分かるはずではないでしょうか。

あと大損した話ですが、私は、IPO祭りで浮かれていた頃、新興株を全力買いしていた時期があります。だから資金を7倍に増やせたということにもなりますが・・・その頃、いまは潰れてしまってもうない新興株を全力買いしていて、2日連続ストップ安で売るに売れず、60万円ほどの損切りをしたことがあります。これが1銘柄、1売買で損した記録でしょうか。

この経験があって、今では、ご存知のように買いにしても売りにしても、一銘柄に集中せず、最低単位の株を複数銘柄保有すると言う分散投資に徹しています。利益は少ないが、損失も軽く済むという考え方です。

わずか2日で60万円もやられた時のメンタルダメージは、相当強烈で半年ほどはトレードもほとんどできずチャートばかりを眺めていました。そして気がついたのが、チャート判断をしていたつもりでいたトレードは、上がることしか考えていなかった。自分に都合の良い解釈をしてチャートを見ていた・・・ということに気がついたわけです。

そして現在のような考え方になったように思います。つまり大負けをしないことだけを最優先に考える。薄利であっても勝っているうちに逃げる。勝ってさえいれば、メンタルは常にポジティブに維持できるし、メンタルがポジティブに維持できていれば、強気でトレードに臨める。

トレードの目的の第一は、楽しんでいるか、楽しめているか・・というメンタル面の満足感であって、金銭の多寡ではない、というところに思い至ったわけです。苦しんで苦しんで、ストレスを貯めて10万円の利益を得るより、予想を楽しんで5000円、1万円の利益を確定した方がトレードは楽しい。

そういう考え方に今はなっています。

下がる不安におびえながら含み益が10万円になるのを待つのと、予想を楽しみながら1万円を10回抜いていく。私は、後者のトレードを心がけています。ウッチーのトレードは、私の目指す方向と言うことです。

関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク