FC2ブログ

含み損は持ち越すな

私の考え方の中に「含み損は持ち越すな」と言うのがある。

たとえば1万円の含み損になった時、翌日上げれば1万円の含み損など簡単に消えるし、損切りしなくても利益確定できるかも知れない。つまり結果として、損切りするのが良いのか持ち越すのが良いのかは誰にも分からないが、「トレンドは継続する」と考えるなら、陰線引けで1万円の含み損となったのであれば、翌日の含み損はさらに増えることになる。

1万円の含み損が切れなくて持ち越し、翌日2万円の含み損になればますます切れない。こうして含み損が5万円、6万円と膨らめば膨らむほど損切りはできなくなり、やがて放置してしまうことになってしまう。これが普通の人の心理であろう。

私は、2万円までなら損切りしても精神面にダメージを負うことはない。だが、5万円となるとダメージを受けるし後悔もする。損切り10万円ともなれば、自己嫌悪に陥ってしばらくはトレードする自信さえ失ってしまう。・・・・つまりトレードにおいての最大の損失は、金銭ではなく、精神的ダメージだと考えるのです。

金銭は失っても、また儲ければすぐに回復するが、メンタルでの意欲をそがれたら回復することは難しくなる。たとえば、1万円の損切りをしてもすぐに取り返せるが、10万円もの含み損を抱え込むと、1万円の利益確定ぐらいでは何も変わらず、やがて虚しくなる。そして含み損を取り返そうとしてさらに大きな利益を求める。

大きな利益を求めれば求めるほど、損するリスクは高くなってくるわけですから、せっかくの1万円2万円の含み益を確定せずに、やがて含み損に変わってしまう。いわゆる「負の連鎖」に陥るわけです。言葉を換えれば、「勝つ人は勝ち続けるし、負ける人は負け続ける」ことになるということです。

これはトレードのみならず生活においても同じで、私が見てきた多くの人の人生を振り返って見たとき、借金を抱えた人の大半は借金生活で人生を終え、貯金を抱えた人の大半は、借金をしないで人生を終えるのでしょう。つまり借金で車を買う人は、その借金が無くなれば必ずまた借金して車を買いますが、貯金で車を買った人は、貯金が貯まるまで車を買いません、これも人の心理だと思います。

トレードに置き換えれば、いつも含み益で株を持っている人は、含み損を見ることが苦痛で仕方がありませんが、いつも含み損ばかりを見ている人は、含み損は気にならなくても含み益が気になるものです。つまり含み損は大きくなっても気にならないから放置して、含み益になると気になって仕方がないから、すぐに確定してしまうわけです。これが負の連鎖に落ちいる人の損大利小の心理ということです。

自分がなぜ「損大利小」のトレードを繰り返しているのか・・・を、考えるには、この人間の心理を理解することが必要でしょう。含み損を眺めていて苦痛に感じない人は、永遠に「損大利小」のトレードを繰り返していくと言うと言い過ぎでしょうか。つまり借金生活をしている人が、永遠に借金生活から抜け出せないのと同じことなのです。

それはトレードの手法とか技術ではなく、自分の心理が損をする方向へ行動を誘導するということです。

私は、昨日この「旭硝子」を赤丸の位置で買いました。
1081-6.png
そしてきょうはギャップダウンで青丸の位置まで下がっています。ですが、連続陽線を続けており、下のラインは堅いと考えて買い方針に変わりはありません。

寄り付きで-17000円の含み損です。迷わず826円損切りです。そして下げないのを見て825円で買いです。

これを見て「上がると考えているなら損切りする必要があるのか」と考える人、「損切りしたのなら、なぜ同じ値段で買いなおすのか」と考える人がいるでしょう。これこそがメンタルダメージを回避するために私がとっている方法です。

820円がサポートラインだと私は考え、方向性としては上がると考えています。ですが、現在-17000円の含み損となっています。含み損のまま保有していても-17000円、ここで確定しても-17000円です。実質損は同じでも目の前の保有株の評価は0円となりました。つまり-17000円の損には変わりなくても精神的には楽になったと言うことです。

すなわちトレードで重視すべきは、「金銭ではなく、メンタルダメージの回避」ということです。

たとえば、ここから10円上がったとしましょう。含み益は+10000円となります。ですが含み損のまま保有していたらまだ-7000円の含み損です。つまり+10000円の含み益の株を持っているのと-7000円の含み損の株を持っているとで、どちらがモチベーションが高まるかということです。

逆に、10円下がったとしましょう。いったん清算した場合は-10000円の含み損となります。含み損のまま保有していた場合は-27000円と含み損はさらに大きくなります。ここで10000円の含み損を切り捨てるのと27000円の損を切るのとで、どちらがメンタルダメージを受けるかということです。

金銭重視で考えれば、どちらも27000円の損をしたのですから同じと言うことになりますが、メンタル重視で考えれば、比較にならないほど損した気持ち、すなわちメンタルダメージは少ないということになります。

トレードは、損するか儲かるかは誰にも分からない。すなわち神のみぞ知るですが、「明日も頑張って儲けるぞ」というメンタルを維持さえできれば、必ず勝てるもの。つまり「また負けるかもしれない」「勝てる気がしない」という精神状態でトレードに臨んでも勝てるはずはないが、「きょうはきっと勝つ」という精神状態で臨めば勝てる目も出てくると私は考えるわけです。

関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク