FC2ブログ

3本目、4本目は変化日

ピコリンさん
>デジタルガレージを126000円のフシを抜けたら買おうと監視していたのですが、買うタイミングが分からず、いまだに買えずに上がっていく株価を指をくわえて眺めています。このチャートでの買いのタイミングをどのように考えたらよいのでしょう。

まず大前提として考えていただきたいのが「絶対儲かる買いのタイミングなどない」ということです。私はチャートののみを信じよと言ってるわけですが、チャートの買いサインで買えば、絶対儲かるということではありません。

ただ人は、何かを決断する時、何か決断の根拠とかの精神的な支えがないと自信を持って決断できません。これはトレードでも同じことで、何かの基準がないと、あなたのようにただ見ているだけということになってしまうわけです。

ということを踏まえて、チャート上の買いのタイミングポイントを考えてみましょう。

「4819 デジタルガレージ(日足チャート)」
1086-4.png

1086-5.png

まず126000円のフシを連続大陽線で突破した位置(赤丸部分)です。急激な上昇ですから当然に3本目、4本目は押し目(下げ)をつくることが想定できます。

1本目陰線のコマ、2本目陽線のコマと並びました。注目ポイントは、2本目陽線のコマの終値が1本目陰線のコマの終値のラインを下に抜けなかったということです。

「買いのチャンスは3本目、4本目にあり」、これが鉄則です。3本目が狙い目となります。1本目陰線のコマ、2本目陽線のコマの尻のラインが買いのタイミングとなります。もし、マド空けしての寄り付きなら当然2本の陰線、陽線の高値(ヒゲ)での買いとなります。

1086-6.png

次のタイミングポイントが、144000円のラインからマド空けしての陽線、そして連続陰線の位置(赤丸部分)となります。

着眼点は「マド空け」です。窓を空けて急伸すれば当然に確定売りに押されて押し目(下げ)を作る。この押し目が浅ければ上昇する勢いが強いと言うことになり・・・ローソクの形で言えば、陽線の尻のラインを下に抜けない限り上に向かうと推測できるわけです。

マド空け陽線の次は、陰線、陰線と続きますが、最初の陽線の尻のラインを下に抜けません。そして3本目、4本目が勝負です。まず3本目を狙った場合、陽線、陰線、陰線の尻のラインで「買い」となります。また、2本目の陰線の頭のラインより高く始まったら成り買いと買い向かうわけです。

1086-3.png

そして最後は「並びコマ」で、「並びコマ」の翌日、マドを空けての始まりですから当然成り行き買いとなるわけです。

何度も言いますが、「このパターンで買えば絶対儲かる」と言ってるわけではありません。買うと同時に損切りの想定は当然、言うまでも有りません。トレードは、買わなければ始まりませんし、買えば損をすることも当然のこと。いかにロスカットできるか・・・これこそが利益を伸ばす秘訣だと思います。
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾
会員交流掲示板

現在の閲覧者数:
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア

株式初心者ランキング
リンク