FC2ブログ

使いなれたものが一番

凡くらさん
>チャートの分足について自分の証券会社は1.5.10分足しか無く1分は踊らされてしまうので、自分で3分足にするのも。。。5分は遅い気がして如何なものでしょうか?お教え下さい。なかなかうまくいかない日々です。

難しい質問ですね。模範解答をすれば、3分でも5分でも変わらないような気がします。すなわちチャートは道具ですから、自分が使いなれた道具を使い続けるのがいいのではないでしょうか。たとえば、同じ銘柄の日足チャートであっても、違うサイトのチャートを見ると違うものに見えてくることってありませんか。

すなわちチャートは図形ですから感覚で判断します。同じチャートでも縦長に引き延ばしたものと横長に引き延ばしたものでは、まったく別物に見えます。そして感覚として判断が変わることもあります。つまり人間の感覚とはそんなあいまいなものですから、自分の見慣れたチャート、使いなれたチャートを使い続けるのが良いのではと思います。

これは私の経験則ですが、うまくいかないときは何をやってもダメという時がありますし、うまくいくときはどんな買い方をしてもうまくいくときもある。トレードもキャンブルと同じで、すべては「ツキ(運)に支配されている」そんなことを思います。

だとしたら、人間にできることは、一つのトレード手法を自信を持って繰り返すこと、負けが続いても自分の手法に疑問を持たないこと、ではないかと思います。そういう意味で「霧子さんのトレード」は模範になるのではないでしょうか。

彼女は、5日線で利益を伸ばすという手法を取っています。その結果として先月、先々月あたりは5%ぐらいの含み益になっても利益確定せず、5日線割れで損切りとなったり、薄利で確定したりを繰り返していました。こういうスランプのときでも「あのとき5%で確定していれば・・」という自分の投資手法に疑問を抱くことはなく、5日線ルールを守り続けています。

私は「トレードは考えるな」と言いますが「考えるとは迷う」ことです。すなわち考える=迷うことによって、自分に自信をなくし、メンタルにダメージを受ける。メンタルにダメージを受けると、自分に自信を失い、トレードに一貫性を欠いてしまう。

一貫性を欠いたチグハグなトレードをしているより、自分のトレードのひとつ型を作って負けが続いても、それをやり続けることの方が、結果として残ってくるのではないかと、そう思います。いずれにしてもトレードで勝ち続けることなどできないというのが唯一の事実ですから「勝とうと考えるより、負けないことを考える」のが正解になるのではないでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク