FC2ブログ

基本=安定したトレード

jyunさん
>日産自動車の質問に「売るべき時には買わない」という判断をしてましたが、75日線で跳ね返されて急上昇しました。さすがの師匠の判断も外れましたね。


「売るべき時には買わない」の記事のことですね。

前にも同じようなことを書いたような気がしますが、チャート分析で株価が上がるか下がるかを当てることはできません。いつも言うように「株価が上がるか下がるかは、誰にもわからない」ということです。

なら、なぜチャート分析こそがすべてと書いているのかということですが、チャート分析とは、基本的にこうした形になれば「上がる確率が高くなる」というポイントを探すということです。トレードは、何も考えずに買っても、上がるか下がるかは50%の確率で当たります。その当たる確率を70%、80%に引き上げれば、トータルで儲けられるはず・・というのがチャート分析です。

「7201 日産自動車(日足チャート)」
1103.gif

これがきょうの日足チャートですが、このような動きはチャート分析では予測することはできませんし、誰にも予測することはできないでしょう。また、このような動きは何年に数回というような異常な動きであって、こんなものを狙って当てることはできないと考えた方が良いと思います。

基本的な動きを覚えて手堅く取って行くことこそがトータルで利益を上げることにつながるのではないでしょうか。

たとえば、このチャートの左側の丸部分、移動線が収束してきて株価が移動線の上に抜けてきました。こうした形が「買うべき時」となるわけです。こうした上がる確率70~80%の位置で買えば、たとえ含み損になっても損切りする必要はないし、我慢していれば含み益になってくるわけです。

仕事を持っている人や損切りをしたくない人は、こうした上がる確率が高いところで買うという基本の従ったトレードをするのが良いのではないでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク