FC2ブログ

資金管理よりメンタル管理

ひなこさん
>この間は、アドバイスありがとうございました。まだエントリー恐怖症は、完全に回復したわけではないけれど、依然よりは、かなり気持が落ち着きました。少し計画的なトレードをできるよう心がけています。最近株も上昇トレンドに入っていると思われる銘柄が、いくつかありますので買うことを、検討しています。資金管理はどのようにすれば良いのか教えていただけますか?

私は資金管理よりメンタル管理が重要だと考えています。つまり投資資金のすべてを失ってもメンタルダメージを受けずに新規に資金をつぎ込んで勝負できる根性のある人、すなわち叩かれれば叩かれるほど闘志が燃える人は、資金管理を考える必要はないでしょう。

ですが、ほとんどの人は大きな損を出す(失敗する)とメンタルにダメージを受けます。あなたが言うエントリー恐怖症とは、すなわちいまだにメンタルにダメージを負っているということでしょう。いつも言ってることですが、トレードは勝負ですから強気にメンタルを維持できなければ、弱気弱気のトレードをすることになります。

弱気弱気のトレードでは、上がるところを眺めていて下がってくるのを待つ。上がってしまってから買う。というようなトレードになってしまいます。すなわち損切りが怖くて安心感が出たところで買おうとするわけです。ところがトレードでは「安心感があるところが、一番リターンが少なくリスクが高い」ということになります。

言い換えれば、一番リスクが少ないところで買おうとする人が、一番リターンが少なくリスクが高いところで買っているわけです。この上昇相場では、安値圏でウロウロしているような銘柄を買う人より、新高値を更新し続ける銘柄を買う人の方が大きな利益を上げているわけです。

過去に大きな損を出した経験(メンタルダメージ)のある人は「高値つかみ」に恐怖を感じて高いところでは買えない。だから下がってくるのを待つ。ところが下がってくる株価は、さらに下がっていく。すなわち「トレンドは継続する」ということです。トレードは「トレンドは継続する」が大原則ですから上がっていく株を買わなければ儲けることはできないとなるわけです。

ゆえに、トレードで重要なのはメンタルコントロールこそがすべてだと私は考えるわけです。メンタルコントロールがすなわち資金管理に通ずるということになるのでしょう。

メンタルコントロールについては、精神力の違いや資金力の違いによって人それぞれですから一概には言えないでしょうが、私の考え(尺度)で言えば、次のようなことに配慮していけばいいのではと思います。

第一、株を買ったら損切り基準と利益確定の基準を想定しておく。特に、損切りの基準は明確に設定し、確実に実行する。たとえば、霧子さんのようにいかなる場合でも5日線でキッチリポジションを外してしまう方法は、メンタルダメージを回避できる方法だと思います。

第二、トレードの成功、失敗の判断を損益で考えないこと。トレードで勝つか負けるかは時の運です。そしてトレードで成功したか失敗したかは、自分の決めたルールを守れたかどうかということです。つまりたとえ損切りになっても自分の決めたルールどおりのトレードができたならば満足するということがメンタルコントロールということになります。言い換えればメンタルダメージを回避できる方法だと思います。

第三、投資資金の1/2以上の投資は控える。今のような上昇相場になると、あれもこれもといろいろな銘柄を買いたくなるものです。ですが、余力がないと人の心は余裕を失うものです。精神的に余裕をもってトレードをするためにも十分な余力は持っていたいものです。

資金管理の質問に対してピント外れの回答に思われるかも知れませんが、メンタルにダメージを受けるとは、すなわち損をすることだと思います。であるならば、資金管理とは、自分がメンタルにダメージを受けないためにはどうしたらよいかを考える。すなわちいかにメンタルをコントロールするかだと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク