FC2ブログ

だからあなたは負けるのです

だからあなたは負けるのですというとても参考になる記事があったので、これに私の解釈を加えてみたいと思います。

>株価が動くことで注目が集まり、投資家・資金流入が増加し更に株価が動くという現実もあるのです。
これが「トレンドは継続する」という流れです。「機関投資家が買う⇒株価が動く⇒個人が買う」という流れですね。逆の見方をすれば「機関投資家にとって魅力がない株⇒株価は動かない⇒個人も買わない」ということになります。これを踏まえれば、個人の目を引くような動きをする株でなければ値動きが少なく、投資メリットはないということになるのでしょう。

であるならば、銘柄選択の条件は、人気上昇の銘柄、個人の目を引く銘柄ということになり、「信用売り残、買い残とも増加し、貸借倍率が拮抗した銘柄」、「ランキング上位に顔を出した銘柄」、「出来高急増銘柄」、「日々公表銘柄や信用規制をかけられた銘柄」は、その条件として銘柄をチェックしてみることも有効な手段になるのではないでしょうか。

>「投資家の心理と売買の結果がチャートを描画するが、そのチャートに注目が集まらなければ、その確度・機能性は低下する。そのチャートに注目が集まり、市場参加者の売買判断が一致するほど、チャートは機能する」、言いかえれば、チャートにシグナルが発生しても、そのシグナルに気がつかない投資家が多ければ、そのシグナルの的中率は低くなるということです。
チャートに現れる売りサイン、買いサイン、あるいはフシ目が機能するかしないかは、そのチャートを見ている人が多いか少ないかによって精度がまったく違ってくるということでしょう。つまりチャートに描かれるトレンドやローソク足のサインの形は同じであっても、ほとんど誰も注目していない(出来高が少ない)銘柄ではチャート分析の効果はあまりないとも言えるのではないでしょうか。

>株価が大きく動いた場合、投資家が抱く疑問は、「なぜこれほど大きく株価が動いたのか? 」というものでしょう。相場参加者の多くは、大きな株価変動時に、まず「何を材料に株価が動いたのか」を探します。そして、株価材料の好悪を判断し、その材料が企業収益やマーケットに与えるインパクトを想定し、株価変動率(値幅)を考えます。投資家は、現在のそして今後の自己のポジションを正当化し、自身を納得、安心させるために、株価変動の理由を求める傾向があるのです。しかし、株価変動を納得したい理由は、人それぞれです。
投資家とは、買った株価が上がれば上がったで不安になり、下がれば下がったで不安になるものです。ですが、上がった理由、下がった理由が分かれば不安が解消されます。そこで株を保有している投資家は、自分の不安を解消するために上がった理由、下がった理由を探しまわる。

専門家であるエコノミストたちは、個人と違って自分でその理由となる材料を見つけてくることができますから、日経平均が下がったときは、ネガティブな材料だけを取り出してきて「・・・だから売られた」と下がった理由を主張し、上がった時はポジティブな材料だけを取り出してきて「・・・だから買われた」と上がった理由を主張する。

ですが、現実には、株価にとってのネガティブな材料とポジティブな材料は、毎日混在しているわけです。日経平均が上がったときも、下がったときも何か特別なことが起こったわけではないのです。すなわち専門家であるエコノミストたちは、結果を見て、誰でもが納得でき得るネガティブ材料あるいはポジティブ材料の一方だけを根拠として引き出してくる。相場概況や相場観なんてものはそんなものでしょう。

>まず結論ありきで、その自己の結論を正当化・補強するために、自分に都合のいい情報だけを集めることです。例えば、買いポジションを持っている時に、「日経平均は上昇するはずである。なぜならば、中国の経済成長が世界景気を支え、米国の追加金融緩和策が金余りを生み、リスク志向を継続させるからである」、特におかしな相場観ではありません。一方、売りポジションを持っている時に、「日経平均は下落するはずである。なぜならば、米国の追加金融緩和策が金余りを生み、リスクマネーが新興国に流れ込み、中国ではインフレ警戒から金融引き締めの動きが出ている」これも特におかしい相場観とも言えないでしょう。前者も後者も、株価材料は殆ど同じです。しかし、上昇するはず、下落するはずという「結論先にありき」のために、株価材料の解釈が全くの別物となっているのが面白いところです。
たとえば、一人の人間の評価をしようとするとき、その人に好意的なグループに評価させれば、長所ばかりが並べたてられ優秀な評価がされ、逆にその人に敵対するグループに評価させれば、欠点ばかりを並べたて無能の評価をされるでしょう。その人が可もなく不可もない平凡な人であっても、優秀な人間として評価されたり、無能な人間として評価されたりするわけです。

株価の判断もこれと同じことですね。つまり買いで持っていれば、上がって欲しいという願望がまず最初にあって、それを満たすために自分に都合のよい材料や情報ばかりを探すわけです。たとえ悪材料を目にしたとしても、それは目に入らないわけです。そして「こんなに上がる材料があるのだから・・・」と思いこもうとする。そしてやがて「将来的にはきっと上がる」と自分を洗脳してしまう。

結果は・・・気がついてみたら買値の半値以下になっていたという笑えない話になるわけです。「うちの子供に限って・・」というのは、非行少年の母親の定例句のようなものですが、女性は特に塩漬けにする傾向が強いようです。これはトレードにおいてもこの「うちの子供に限って・・」という母性本能が強く出るのでしょうか。

>買いと決めたら売り材料を探し、売りと決めたら買い材料を探すことも、心理的バイアスを補正し、冷静に相場を見るためには有効でしょう。不都合なもの、気に入らないものを排除しようとすることは、投資家の、人間の性ですが、相場は広く、冷静に、バランス良く見たいものです。
「人に好意を抱いたら相手の欠点ばかりを探せ」と若い頃よく言われましたが、陰と陽の両面を見てこそ、その実像が分かるもの。株価チャートは、「売りたい売りたい」と売り目線で見ると下がるようにしか見えない。「買いたい買いたい」と買い目線で見ると上がるようにしか見えないものです。

「売りたい」と思ったら、まず「買う人はどう見るだろう」と買いの立場でも見てみる。「買いたい」と思ったら、まず「売る人はどう見るだろう」と売りの立場でも見てみる。こうして売り買い両方の立場でチャートを見ることができればチャート判断の確度は格段に高まると思うのですが・・・・


人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク