FC2ブログ

薄利を笑うヤツは増やせない

「薄利しか取れない」「チキンだ」というフレーズが、このブログの会員さんからもよく聞かれるが、私は「薄利を取れる人こそ利益を上げられる」「チキンな人こそ生き残れる」とポジティブに考えている。

「損したくなければ儲けられないし、儲けたければ損をする」、これが世の中の不変の摂理である。何事においても、この摂理から外れたことをすれば、当然大きく道を踏み外すことになる。道を踏み外すとは、普通の人とは違う道に入りこんでしまうということである。すなわち破算か大金持ちかということになろう。

言い換えれば、普通の人人はチキンだから普通の生活ができているということであり、普通の人ならば薄利しか取れないということになる。この普通にしか生きられない人が、特別な生き方を求めるから「薄利」「チキン」と自分を卑しめる言葉を吐くことになってしまうのではないか。

たとえば、「デイトレは甘くない」の管理人は、一回に300万円~500万円を投入したデイトレをしている。結果は、当たれば+10万円以上、負ければ-10万円以上ということになる。それで資金が増え続けているかといえばトータルで減り続けている。

これは下手とか上手という問題ではなく、大金を掛けてデイトレをしようが、小金でデイトレをしようが同じことと言いたいわけです。たとえば、ウッチーの場合は、「デイトレば甘くない」の管理人と比べて1/10程度の30万円ぐらいでやっている。その結果は着実に利益を増やし続けている。

その差はどこにあるのか?

これも上手とか下手とかの話ではない。1000円、2000円の利益を積み重ねているというところにポイントがある・・と私は考えている。1日に5万、10万と儲けることは絶対ないが、1万円以上の損をすることもない。これこそ私がブログを開設して以来何十年も言い続けている「損しなければ利益は増え続ける」という基本中の基本だと私は考えている。

たとえば、ぼんちゃんのように含み損に耐えて耐えて、胃薬を飲んでまで耐え抜く投資が良いか、霧子さんのようにダメだったらアッサリ切り捨てて、気楽に投資を楽しむのが良いのか?

これは「ぼんちゃん」が空売り派だから、霧子さんが順張りだから・・・という投資手法のことを言っているのではない。下手とか上手とか、読みが違っているとか・・・そんなことは結果論だから何の問題もない。考えなければならないポイントは、「含み損に耐えれば儲けられるのか」「損切りを繰り返せば損をするのか」というところにある。

苦しんだなら苦しみに見合うメリットがなければ割りが合わない。そう考えた時、含み損に耐える人に、耐えただけの利益があるのか・・・私は「絶対ない」と確信をもって言える。昭和40年代ころからの高度成長期には、株や土地を買えばどんどん値上がりしていった。含み損になっても持ち続ければ必ず利益になって行った。

そりゃあそうだ。

老人予備軍の50代、60代は、ほとんど戦争で死んでしまっていないし、日本国中、若者と子供であふれていた。若者はどんどん稼ぎ、どんどん事業を拡大する。これが日本の高度成長である。そしてバブルが崩壊した。あれはバブルなのか?そうじゃあないと私は考える。

要するに、高齢者世代と若年者世代の人口構成が等しくなったからということなのではないだろうか?あそこから高齢者世代がどんどん若年者世代を圧倒してくる。すなわち高齢者が増え始めたから日本の成長も下り坂に向かったと考えるのである。

少子化対策がどうのこうのと言ってみても高齢者ばかりの日本に子供を作れるはずがない。若者の数が少なくなり、高齢者が増え続ける日本に成長など有り得ないわけです。すなわちこれが物の価格が下がり続けるデフレということであろう。こんな若者の少ない国にデフレ対策といってお金をばらまいて(金融緩和)みても、使う人がいないのだから物の値段が上がるわけがない。

こういう日本の現状を考えた時、土地や株が上がるわけがない。そんなこと有り得ないと言うわけです。こういう現状を考えた時、塩漬け株を持ちこんでいても利益になるはずはないと考えるわけです。ならばカラ売りともいかない。カラ売りは返済期限があるから何十年も持ち続けることなどできない。

5年、10年を考えた時、株価トレンドは、バブル期をピークに下降トレンドを継続中であり、それを自覚すれば塩漬け株に資産価値はないということになるでしょう。

こういう現状を考えれば、少ない資金で少ない利益を積み重ねていくことこそが大成功への道だと私は思うわけです。

薄利で確定できるあなた!
チキンだと嘆くあなた!

考え方さえ変えれば、あなたこそが成功への道を歩んでいると思うべきだと考えます。東京タワーの展望台に上りたいと考えた時、階段を一歩、一歩登るのが確実な方法で、普通の人が誰でもできる方法です。普通の誰でもができる方法こそが、苦しまなくても済むし、気楽に楽しめる方法だと私は考えます。

人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク