FC2ブログ

損切り&買い直しも一つの法

SOSさん
>諏訪さん、お世話様です。そして、マニュアルありがとうございました。いままで、いかに根拠の無い買い方をしていたかが見に沁みています。ソフトバンクが話題になっていたので、始めてメールします。実は、ソフトバンクとサンリオどちらも最高値近辺で買ってしまい、現時点でマイナス計15万円くらいになっています。どちらも上昇していた株なので、今後も続くだろうと思っていたんですが、あっさりと下がってしまいました。これらの株でだいぶ利益を出していたので、勉強のため、どこまで下がるか、見極めたいと思っています。まだ上昇の勢いはある、と思っているけど、どんなものでしょうか?利益分がマイナス(30万円)になったら損切りしようと思っているけど、これって博打ですか?


「ソフトバンク(週足チャート)」
1124-4.png

中期的なトレンドは、この週足チャートで見たとおり上昇トレンド継続中です。2か月周期で押し目を入れながら規則正しく上昇しているのがわかります。

現在の株価位置は、ちょうど13週線上に位置していて、ここで下げ止まるのか、もう一段下の26週線(2700円台)まで下げるのか、というのが注目点となるのでしょう。

つまり26週線(2700円前後)、トレンドライン上で下げ止まれば上昇トレンドは継続中ですから先行き上昇すると考えるのが妥当な判断となります。ですから損切りラインは2700円割れ、すなわちトレンドが崩れた位置が損切りラインとなります。

損切りや利益確定の判断は、人それぞれの考え方がありますから、何が正しいかというのはありませんが、「トレンド崩れは売り」は、テクニカル投資では鉄則となります。

このソフトバンクのチャートで言えば、中期的に上昇トレンドで、先行き上昇が予想される場合であっても日足チャートでのトレンドが下降トレンドに転換した時点で、いったんポジションを解消して、下げ止まりを確認してから再度ポジションを持つ(買う)という方法が利益を伸ばすことになると思うのですがどうでしょう。

具体的にいえば、この週足チャートをボックス分析すれば、ちょうど株価はボックスの底のラインに達し、ここで下げ止まるかどうかということですが、セオリーから判断すれば「一度目の押しは買い」となりますから、この位置は買いの判断となるのでしょう。

としたとき、あなたの場合は、この位置で15万円の含み損ということですから、ここから上昇したとしても1ヶ月程度は含み損のままということになります。

であるならば、含み損2~5万円程度のところでいったん損切りして、現在の位置で買い直せば、2~5万円の損切り額はすぐに取り返すことができるということになります。つまり15万円の含み損がゼロになった時点では10万円の含み益となっているということになります。

損切りしないで済ませられるかどうかを考えるよりも、損切りをした方がトータルで利益を増やすことになる・・・ということも考えてみる必要はあると思うのですがいかがでしょう。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク