FC2ブログ

人生も株も考え方で変わる

トコトコさん
>非常に辛口な所が嘘ぽく無くて良いですね。今年も楽しみにしていますので、宜しくお願いします。私は自分で決めたルール(損切りラインを守る事を第一目標とします。
ちろさん
>ナカナカいいご報告出来ませんがブログでお勧めいただいた225とTOPIXはいいですね~更新大変でしょうが、ブログ毎日楽しみにしております。
ケンさん
>毎日諏訪さんのブログを見る事が楽しみです。トレードは、まだ結果は出ていませんが、物事の見方、考え方は変わってきました。
yoccoさん
>おかげさまで、ここのところ納得のいく取引ができています。12月は月間損益も1年ぶりのプラスとなりました。嬉しいです。2011年の目標は年間でプラスに持っていくこと!ぜひ達成したいです。
クミさん
>先生と知り合えたのはまだ最近ですが、株だけでなく、いろんなことまで勉強になりました。ブログを読んで、今まで一番印象が残ったのは、先生の子供の頃の辛い思い出でした。なんという辛い経験だったのでしょう!でも、そういうことがあって、今の先生がいるわけですね・・・。
チャコさん
>毎日おじゃまして多くの事を学ばさせていただき、息 絶え絶えながら生き残り、今年ようやくプラスで終わりました。塩漬け株をほんの一部処分できました。来年も多くを望まず、小さな利益を確実に積み重ねる取引をしたいと思います。身の丈にあった行動こそ勝利の道・・・この歳になってようやく謙虚な心に目覚めています。
まゆみさん
>チャートにラインを引いて ”なるほど!”とわかったような気になるのですが、いざ 本番になると 上がるようにも 下がるようにも 見えてしまい、節目も ここなのか あそこなのかと迷って なかなか手が出せません。未来のチャートは どのようにも 見えてしまうのです。簡単そうに見えて なかなかむづかしいようにも感じます。


人の一生とは、気にいった相手を見つけ、子供を作り、子供の成長を見守り、老いたら死んでいく。ただこれだけのことで、人が幸せに生きるということは、とても簡単なことです。でも、今まで簡単に生きてきた人は一人もいないでしょう。

それは生きる過程で、欲望に支配され、嫉妬に苛まれ、理想とのギャップに挫折感を味わい、迷い、悩み、苦しみながら、誰もが生きてきました。そしてこれからも死ぬまで苦しみ続けながら生きていくのです。

人はそんなに苦しみながらなぜ生きられるのでしょう。それは苦しみの中に「愛」を感じ、何かに「達成(満足)感」を感じ、一瞬の幸福感に浸れるからではないでしょうか。

人の愛とか達成感とは何か?そんなものは存在しません。単なる自分の心の中の感情の動きにすぎません。つまり、欲望や嫉妬心や挫折感が精神が満たされない欲求不満から生ずるとしたならば、愛とか達成感は精神が満たされた精神状態にあるということにすぎません。

すなわち自分を不幸だと感じて生きている人は、欲求不満の精神状態で生きている人であり、幸せだと感じて生きている人は、自分の心を満たした状態で生きているということになります。言いかえれば、人の人生など、こうした感情を抜きにして考えれば、誰もが同じ人生を同じように生きているだけです。

人は誰でも生まれて、食って、死ぬ。ただこれだけのことで、それ以上もそれ以下もありません。人が生きるとは、ただそれだけのことなのに幸せに生きる人がいて、不幸を嘆きながら生きる人がいる。その違いは、すべて気の持ちようということです。

気の持ちよう・・すなわち考え方次第、言いかえれば、メンタルコントロールです。自分のメンタル(心)をうまくコントロールして生きている人は、幸福感に浸りながら生きていられるということでしょう。

株投資もこれと同じことです。利益を得ることのみに夢中になれば、利益をあげている人を嫉妬し、損切りした株が上がったと悔しがり、決めたことができなかったと挫折感に打ちのめされる。でもそれは、単なる自分の感情が激しく動いているだけのことで現実は何も変わってはいないということです。

すなわち不幸を嘆きながら生きている人と同じということです。不幸だと嘆こうが、幸せだと満足しようが現実は何も変わらない。つまり考えなければならないのは、メンタルをいかにコントロールするか・・できるかということです。

損切りした株が上がったのを悔しがってみても損したと言う現実は何も変わらない。現実が同じなら満足感に浸った方が良い。つまりすべてが自分の感情の動きだけのことですから、自分の感情を満足できる方向へ誘導した方が前向きにトレードできることになるわけです。

私がここでいろいろ書いてる方法は、儲けるための方法ではありません。「株で儲ける方法などない」というのが基本なのです。これは人生で成功できる方法などないということと同じです。成功できる方法はないけれど、幸せに生きる方法はあるということです。それは、幸せか不幸かは自分のメンタルをコントロールできるかできないかというだけのことですから。

私の投資に対する基本は「順張り、損切り」が基本ですが、これも儲ける方法ではありません。こうした方法が、単に、私の人間性(性格等)に無理がない投資手法だからというだけのことです。性格に合わないことを無理にやろうとすることはストレスになります。ストレスを感じることを続ければ、失敗した時必ずメンタルにダメージを受けます。

人生においても、結婚すれば子供が欲しいと望み、子供ができれば成績上位を望み、成長すれば一流大学、一流企業と望み、そして自分の希望が叶えられなかった時、失望し、挫折感を味わい、身の不幸を嘆きながら一生を終える。つまり背伸びした生き方、身分不相応の生き方、自分の性格に合わない生き方は強いストレスを伴うわけです。

ストレスに耐え続けながら生きて人生を満足できるのか、幸福感に満たされて生きられるのかということなのです。トレードもこれと同じなのです。自分の性格に合わないトレードをして、不安におびえながら苦しんでも利益が出るとは限らない。性格的に受け入れられる手法で楽しんでトレードしても利益が出るとは限らない。

人生もトレードも、すべては結果次第。「こうしたからこうなった」と言うことなどありません。すべては成るようにしかならないのです。ならば、ストレスを感じないトレードで楽しむことを最優先で考えることが良い。すなわち「楽しんだだけ儲け」と私は考えるわけです。

私は人生においてもトレードにおいても「こうすべきである」「こうあらねばならない」という考え方はしないようにしています。それは自分を精神的に追い詰めることであり、そうした強いストレスを自分に課したからと言って、それで何が変わるかということもありません。

現実の結果がすべて運命で決まっているとしたら、自分にできることは、その定められた運命を受け入れて、その現実の中でいかに楽しく、満たされて生きていくか。人にできることは、メンタルコントロールしかできない。メンタルをコントロールすることで幸せにもなれるし、不幸にもなれると私は考えています。

人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク