FC2ブログ

自分の気持ちに素直に

あやかさん
>いろいろ勉強したくて入会させていただきました。まだトレードしたことがないのでウッチーさんみたくないたいなぁ~と思っています。どこで買ってどこで売ればいいのかはウッチーさんのブログを見ていればなんとなく分かったような気がしますが、そのほかに心構えみたいなものはありますか。

トレードだからと言って特別なことを考える必要はないと私は考えています。あなたが日常生活での判断をそのままにトレードでもすれば良いのではと思います。

たとえば、彼氏に殴られたとき、あなたは我慢して殴られ続けられますか?普通は逃げますよね。「この人はいい人なんだからと殴られても殴られてもくっついている」そんな人もいるでしょうが、普通の人は、そんな人とは別れて新しい恋人を探すでしょうし、その方が幸せになれる確率が高いと考えるでしょう。

これが損切りの考え方です。

これをトレードに例えれば、含み損を抱えたとき「きっと元に戻ってくる」と耐えるのか、損切りして他の株に乗り換えるのか?ということですね。しかし、ちょっとしたことで逃げてばかりでは彼氏などできないし、我慢が必要なときもあります。トレードでは、この判断に悩むわけですが、これも彼氏との関係に置き換えてみれば、少し離れて冷静に考えてみるということも必要になってくるわけです。

たとえば、あなたが彼氏と結婚したいと考えた時「本当にやっていけるだろうか」と不安になるでしょう。一緒にやって行けるかどうかは、誰に相談しても分かりませんね。あなたが決断するかしないかなのです。そして決断するには、何か自分の心を納得させるものがあった方が踏ん切りがつきますよね。

これが買いの判断です。

つまり「大丈夫だろうか、どうだろうか」と悩んでばかりいては、結婚の決断と同じで踏ん切りなどつきません。将来のことなど誰にも分からないのと同じで、買った株が上がるかどうかなど誰にも分からないのです。要するに、あなたが上がると思えるかどうかだけのことで、そこで決断できるかどうかだけのことなのです。

そんな時、自分の心を納得させるものがあれば自信を持って決断できる。その「自分の心を納得させるもの」がチャートの形ということですね。恋愛に置き換えれば、彼氏のプロポーズの言葉とか、プレゼント、これがチャートの形ということになるということです。それで裏切られるかどうかは分かりませんが、不安を打ち消して決断できるものになるということですね。

あと株で生活できるかどうか?と考えたとしたら、一般的常識で考えた時、そんな夢みたいな話は詐欺師でもない限り言わないでしょうね。仮に、トレードで生活できるとしたら複雑な人間関係の中で、嫌な思いをして他人に使われるより、気ままにパソコンに向かってトレードして稼ぐ方を誰でも望むでしょう。

だとしたら、誰も働きに出るはずもないし、働く人などいなくなってしまうはずと私は考えますし、普通の常識ではそう考えるのではないでしょうか。それが常識的な考えなら、株で大儲けなどできるわけはないし、生活していけるわけはないと考えるのが妥当なのではないでしょうか。そう考えれば、せいぜい小遣い程度の利益をあげれば満足するというのが普通の考えとなるのでしょう。

総括しますと、あなたが日常生活で常識と考えることをトレードでもやれば良いということですね。普通の人は、日常生活の中で損した得したと、そんな損得勘定ばかりして生きてはいませんね。そんなことより「メンタルの安定」を重視して生きていると思います。

つまり日常生活の中で「きょうは1000円損した」「500円儲けた」という損得勘定ではなく、「心地よいかどうか」「満足できるかどうか」を重視して、「いかに楽しむか」「いかに満足するか」を考えて生きていると思います。そして時には、嫌なことから逃げてみたり、ポジティブな方向へ思考を向けたりしながら精神的ダメージを回避しながら生きているのでしょう。

すなわちトレードもこれと同じでいいんです。苦しんだって儲かるものでもないわけですから、少しでも楽しんで長く続けた方が良い。いずれにしても相場全体が上昇トレンドにならない限り個別株でも儲けることはできないわけですから、長く続けてさえいれば、誰にも設けられるときはあるわけです。

すべては人生と同じ。つまりトレードだからと特別に考える必要などなく、自分の生き方、考え方が表現されるわけですから、自分の心に素直にトレードし、精神的にダメージを受けないようにトレードする。トレードを金儲けと考えるより、趣味の一つとして楽しむこととして考えるのがいいと思います。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク