FC2ブログ

カラカサ(首つり線)

株価判断アンケートの答えです。

1131-3.gif

このチャートの判断については、売りとする人と買いとする人がほぼ同数でした。

「4997 日本農薬(日足チャート)」
1131-6.gif

その後の動きはこのようになってます。

「たくり線(カラカサ)の判断については、前に買いたとおり高値圏での「たくり線」の発生は売りサインとなります。コメントの中で何人かの人が「首つり線」と書いていましたが、この形に買い向かうと首を吊ることになるという意味で「首つり線」とも呼びます。

「3632 グリー(日足チャート)」
1130-7.gif

「たくり線(カラカサ)の判断」の記事で例示したこのグリーですが、このセオリー通りに下がらずに上がっていきました。これをどう考えるか?「やっぱり当らないじゃあないか」と考える人は、ただそれだけの人で終わりということです。これを「どう考えたら良いか」と売買判断に生かそうとする人が投資上手になる人でしょう。

「カラカサ(首つり線)」が高値圏に出たら売りサインが条件ですから、「グリー」の場合は、そこが高値圏ではなかったというだけのこと。つまり高値圏か安値圏かは、あとにならなければ分からないということです。

「あとにならないと分からないでは何の役にも立たないじゃあないか?」と考える人は、ただそれだけで終わってしまう人です。「売りサインなのに上がった」すなわち「サインにだまされた」ということです。「ならばどう判断したら良いか」と考える人が上手になる人です。

答えは「騙されたら、そちらに乗り換えれば良い」、ただそれだけのことです。すなわち「買いサインのダマシは売り」「売りサインのダマシは買い」となるわけです。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク