FC2ブログ

チャート分析とは傾向と対策

チャートクイズでの上がった理由の考え方について、「単なる後付け講釈」「結果を見ての理屈付け」と考える人も何人かいると思います。正論を言えば、そのとおりで何の間違いもないでしょう。

すべてのことにおいて正解があるとしたら「分からない」という答えしかない、ということだと私は考えます。たとえば、子供を進学させるのが良いのか、専門学校で技術を身につけさせるのが良いのかと迷った時、唯一の正解は「分からない」しかない。結婚するのが良いのか、独身で過ごすのが良いのかであっても、正解は「分からない」しかない。

つまり正解は「分からない」であっても、その正解を言ってるだけでは何の判断もできない。結果は分からないけど、どちらかを選択しなければいけないし、その選択と決断の積み重ねが、その人の人生と言うことになるのだと思います。決断すべき時に、何の選択もしないまま「分からない、分からない」でダラダラと時間に流されていて人並みの人生を過ごせるはずはないと思うのです。

トレードもこれと同じことで「分からない」でトレードしていても、偶然に儲かった、偶然に損したを繰り返しているだけで、そこに何の進歩もないし、何年トレードを繰り返しても、それはパチンコをやっていることと同じで、それ以上もそれ以下もないと私は思います。

チャートを見て「なぜ上がったのか」「なぜ下がったのか」を考えることに意味はないのか?私は、これこそ重要な判断力を養う訓練だと思っています。当然、結果を見ての理屈付けではありますが、それを常日頃から考える訓練をすることで、同じ場面、同じチャート形に出会った時、どう判断するかというとき、それまで考えていた理屈付けが生きてくるわけです。

たとえば、結婚するのが良いのか、独身で過ごすのが良いのかを迷った時、それまでの人生で結婚した友達が幸せに思えたか、独身生活が幸せに思えたかという自分の経験則が判断に大きな影響を与えるでしょう。その結果など、誰にもわかるわけはないが、それでも結婚した方が良いと自信を持って決断できるということです。

チャーと分析による株価判断についてもこれと同じこと。結果など誰にも分かるわけがない。分かるわけはないが、過去に同じようなチャート形状で上がった、儲かったという経験則があれば「こんども上がるだろう」という自信を持って予測でき、かつ決断できる。これこそが大き違いと言えると思います。

たとえば、ウッチーがトレンドラインをブレイクしたら成り行き買いをするというトレード手法を自信を持ってやっています。あれも最初は不安いっぱいでやっていたわけですが、何度か成功したことで、いまでは何の迷いもなく買っています。つまり「こうしたチャート形になったら上がる」ということに自信が持てたわけです。

あのウッチーの必勝パターンであっても「絶対もうかるか」と言われれば、正解は「分からない」ということになります。つまり上がるか上がらないかは分からないが、ウッチーは絶対上がると信じて何の迷いもなく買っているということです。そしてそれで成功するから、ますます自信を強めてくるという良い方向へ回っていってるということでしょう。

あのアンケートに「分からない」と回答している人が何人かいますが、説明できるとして「上がった理由を説明しているコメント」を参考にして、上がった理由を自分なりに考えてみる。そして他のチャートで同じような形を探して、どのように動いたのかを検証してみる。こうした積み重ねが成功への近道になると思います。

人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク