FC2ブログ

今は短期の値幅取りがベスト

たろ吉さん
>私も諏訪さんと同年代なので気持ち凄くわかります。年寄りが言うことに若者は反発する。「頭で分かっちゃあいるけど何もできない」のが現代の若者で「分かっていてできないことをやれ」と言われるから腹が立つ。そんなもんでしょう。ということはさておいて、一つ教えてください。リスク分散という考え方は理解できますが、あんなにたくさんの売買判断をどのようにしているのかということと、中長期投資についてどのように考えているのかということです。老後の資産運用と趣味のために参考にしたいと思います。

まず「たくさんの銘柄の売買判断」ということですが、個別株の損切りとか利益確定にこだわってはいません。常に、現在株価から上がるか下がるかをチャートで判断して、下がると判断すれば売り、上がると判断すれば買いと判断しているということです。つまり常にポジションを持っているわけですから、下がりそうな株を売って、上がりそうな株と入れ替えるという考えです。よってポジションは常に含み益となりトータルで利益を増やし続けるという考え方です。

霧子さんのように200万円を1銘柄に集中投資して値幅を稼ぐのが良いのか、200万円で5銘柄程度を買ってリスクを分散するのが良いのか、の判断だと思いますが、利益効率は1点買いの方が手数料負担も少ないし利益も大きいと思いますが、これを言い換えれば外れた時のリスクも大きいということになります。

私の場合は、複数に分散しているので利益効率は悪くなるかもしれないが、リスクも少なく抑えられるということになります。私が複数の株を買うもう一つの理由は、毎日トレードする楽しみという一面があります。つまり霧子さんのように1点集中で投資して5日線を割れるまで売らないという方法では、毎日眺めているだけということになりトレードする楽しみがないということです。

次に「中長期投資の考え方」ですが、私の場合は<資産運用分>としている上場投信が中長期投資となります。中長期投資の考え方は「安く買って高く売る」のが基本となりますから、この上昇相場において、中長期投資の考え方で株を買うのは非常にリスクを伴うと考えています。

日経平均10600円台が高いか安いかという判断となりますが、私はせいぜい11000円が天井だと考えていますので、現在の株価位置は高いところにあると考えています。5月か6月をピークとして8月~10月まではいったん調整(下がる)すると考えますので、中長期投資として考えるのであれば下がりきったところで考えるべきだと思います。

これは私の経験則に基づくアドバイスですが、ほとんどの銘柄が高値を更新しているこの時期に、いまだに安値で低迷している銘柄を中長期投資用として買わないことです。株価判断は、前の高値を基準とすると判断を誤ります。すなわち「現在株価が適正価格」ということです。

よって、相場全体が下降トレンドに移行すれば、現在高値圏にあろうが、安値圏にあろうが、その位置から同じ下げ幅で下がると言うことになります。そしてここが重要なポイントですが、相場全体が上昇に転じた時、現在高値圏にある株の戻りは早く、安値圏にある株の戻りは遅いと言うことです。

中長期の考え方をまとめれば、現在新高値を更新中の東証1部の優良銘柄に狙いを定め、日経平均株価が下がり続けたところで買い下がっていくのが基本となるのでしょう。ということで、この相場の中では中長期を考えるべきではなく、短期で資金を回転させるという考えで臨むのが良いのではと思います。

人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク