FC2ブログ

ゴールデンクロス

K.Iさん
>今日はチャートについて気になっていることがあり、諏訪さんの考え方をお聞きしたくメールさせていただきました。以前霧子さんのブログで 株価と5日線と25日線が接近するとその後株価が大きく動きやすい という記事を拝見し気をつけてチャートを見ていますと当てはまることがとても多いです。今後銘柄選択するうえでそのようなチャートを監視し上昇基調(5日線上)を確認したら打診買いをしてみて、利益がのったら追加買いをするというようなスタイルを考えていますがどうでしょうか?結果がよければ正解なのでしょうが・・・ 今の私はコレといったスタイルが確立できずモグラたたきの状態で損切ばかり続いて落ち込んでいます。初歩的な質問ですみません。

ご質問は、ゴールデンクロス(GC)のことだと思いますが、チャート分析の基本では「中長期移動線を短期移動線が下から上に突き抜けると株価の上昇を暗示する」と解釈します。すなわち霧子さんが言っていたのは、中期線(25日線)を短期線(5日線)が下から上に突き抜けると株価は上昇すると説明していたのだと思います。

<基本>右肩上がり、もしくは水平移動の中長期線を短期線が下から上に突き抜ける(ゴールデンクロスする)と株価は上昇する。右肩下がり、もしくは水平移動の中長期線を短期線が上から下に突き抜ける(デッドクロスする)と株価は下降する。

ここで注意が必要なのは移動線は、過去の株価の平均値であるということです。たとえば5日線は過去5日間の株価の平均値ですから実際の株価より遅れて上がってきます。つまり移動線のゴールデンクロスを確認してからの買いではタイムラグが発生するわけです。そこで霧子さんは「株価と5日線と25日線が接近すると」と説明したと思います。

すなわち移動線と株価のゴールデンクロス(GC)が買いだとの考えだと思います。私も同じ考えですが、私は基準を75日線に置いています。つまり75日線を株価がゴールデンクロス(GC)したら買い、デッドクロス(DC)したら損切りという判断です。
1018-2.gif

このチャートで説明すれば、青丸がデッドクロス、赤丸がゴールデンクロスとなります。

参考に私の売買判断の基準を下のチャートで説明すれば・・・

1018-1.png

売買の判断をする要素は「75日移動線の向き」「株価の位置」「前にもみ合った株価位置」が重要な判断の材料となります。75日線の向きが下降なら弱気、水平もしくは上昇なら強気での判断となります。

次に株価位置が75日移動線より下にあれば上昇を待ちます。上昇してきて75日線を上に突き抜けたら(ゴールデンクロスしたら)買い判断します。このチャートで示せば左の赤丸の位置です。また、75日線より上にあった株価が下がってきて75日線に接近してきたら注目です。下に抜けたら様子見、反転上昇したら買いと判断します。このチャートで示せば右の赤丸の位置です。

次に、どこまで上がるかとの判断での材料は、前にもみ合った株価位置と値幅計算による上値のフシです。このチャートの左の青丸の部分。この株価位置は高値から安値の値幅の2/3を戻した位置(フシ)であることと、すぐ上に前にもみ合った抵抗帯(フシ)があることから、ここは保有しているなら利益確定の位置で有り、新規なら様子見と判断する位置となります。

右の青丸の部分、つまり現在の株価位置での判断は、上値のフシを抜くか、いったんトレンドラインもしくは75後線まで下げて出直すかの微妙な株価位置となりますので様子見と判断します。

このように何か自分に自信を持てる基準を作り、その基準にしたがって売買の判断をすることができれば、もう少し余裕のあるトレードができるのではないでしょうか。ただ、一つ言えるのは、どんな基準を作ろうが絶対はありません。「絶対もうかる基準などない」ということを前提として考えることは必要だと思います。
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク