FC2ブログ

勢いを感じ取ること

私はずっと「陽線を買え」「マドを買え」と言ってきています。
すると「陽線を買ったら陰線になった」「陽線の次は必ずしも陽線とは限らない」というメールをいただくことがある。また「マドを買ったら損が大きくなる」とのご指摘もいただいた。

当然である。

陽線を買って100%儲かるのなら、マドを買って100%儲かるのなら・・・誰もストレスを抱えて仕事などしてないし、路上生活する人などいなくなるはず。100%確実に儲ける方法などないから、誰もが苦しんで職を探しているということである。

トレードを考える基本は「一か八かのギャンブルである」ということ。「トレードに手を出せば、必ず損をする」というのが基本中の基本である。

これを前提にして、「いかに儲かる確率の高いところで買うか」ということを考えるしかない。すなわち「いかに確率の高いところで買っても10回中4回は損をするのは当然」ということであり、それが一般的な社会常識ではないでしょうか。

ところが初心者を自称する人たちの質問は「絶対損したくない」「100%儲かる方法はないか」という感情がこもった内容の質問が多い。こんな質問を読むと、昨日の女の子ではないけれど「損はしたくないけど、儲けたい」という考えでトレードを始めたのではないかと思えてきて「世の中を甘く見るな」とイラつくわけです。

1150-2-1.gif

たとえば、このサイバーAのチャート。私の言うように「マドを買い、陽線を買えば・・」そして「陰線で確定をすれば・・」確実に利益を残しているはずである。ウッチーが利益を残しているのも、これを淡々と機械的にやっているから・・ただそれだけのことです。

すると・・・「青丸を付した陽線を買ったら陽線にならなかったじゃあないか」と考える人が必ずいる。こうしたことを言われるとムカムカとくる。それは私の考えを否定されたからではなく、「空気を読めない」「流れを読めない」「場の雰囲気を読めない」その人の人間性にムカツクのです。

いつも「見たまんまで判断せよ」と言っています。いくら陽線の次は陽線だと言っても「この青丸を付した陽線が買いになるわけないだろ」、「このチャートの形を見て分からないのか」と思うわけです。

私がここで書いてることは、たった一つ。
「チャートは、見たまんま、感じたまんまで、勢いを感じて、勢いに乗れ」
これだけのことです。

それでは伝わらないと思うから具体的に「陽線を買え」「マドを買え」「下がってくるのを待つな」「陰線を買うな」と言ってるわけです。

ですから「陽線の次が陽線にならなかった」という疑問は「株価の勢いを感じようとしていない」ところから生じてくるのでしょう。「株価の勢いをどう感じるか」これがポイントであって、その感じ方、感性の差が成績の差につながってくると私は思うわけです。

なら、株価の勢いを、いかに感じ取れるようになれるのか?

それは結婚式の雰囲気をいかに感じ取れるようになれるのか?葬式の雰囲気をいかに感じ取れるようになれるのか?という質問と同じです。場数を踏むしかない。チャートをたくさん見て、株価が上がる時の特徴、下がる時の特徴を探すこと。これこそが訓練であり、それ以外のことは何もないと思います。

まず、チャートを見るのが面倒に感じる人は、チャート読みなんかできるはずはありません。子供の勉強と同じでやれと言われるからやっているだけでは成績が上がるはずはありません。スポーツにしても、学問にしても、研究にしても、好きで好きで仕方がないから一流になれるのであって、嫌いな人間が一流になれるはずはありません。

トレードでの成功の近道は、まず「チャートを分析して予想することが好きになること」、これ以外に方法はないと私は考えます。

関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク