FC2ブログ

まず基本を覚えること

Reiさんがソフトバンク株のみに集中してトレードの練習をしていることの感想として>何だか当たり前のような気がして,何も考えなくなった分,感動も感じなくなりました。一連の仕事を淡々とこなしているような錯覚になり,不思議な感じを覚えております。この淡々とした作業のような繰り返しの中での無感情は,中だるみなのか…と自分自身情けなくなっておりました。違う銘柄への浮気心にさえ勝てれば,チャートを見るのが大好きなので,苦にはなりません。のようなことを言っています。

私は、銘柄選びに夢中になるから情報を探し回り、情報を探しまわるから情報に振り回されて右往左往してトレードの基本を覚えられない。だから、自分なりの投資に対する考え方が身につかないし、トレード手法も確立できないと考えています。

初心者が損をする原因はそこにあるわけです。これも何回も繰り返し言ってるわけですが、初心者にとって銘柄選びなど「百害あって一利なし」です。まずは一つの銘柄の値動きを追いかけて、同じ銘柄を繰り返しトレードする。こうすることでトレードとは何かが見えてくるのだと考えています。

ウッチーも最初の頃はいろいろな銘柄のデイトレから始めたので、一つに絞れとアドバイスしたことによってアズジェントやクルーズに絞り込んで結果を伸ばしました。手法もローソク足の判断で「3本目4本目にチャンス有り」などと一か八かのデイトレからトレンドラインを基準にした手法に変化し、いまではデイトレを止めてスイングに変えてきています。

なぜデイトレをやらなくなったのかは知りませんが、一つのトレードを繰り返している中で何かを見つけ、手法が変化していっているのではないかと思ってみています。つまり初心者は、まず基本を覚えないと、それ以上の進化はないと私は思うわけです。

Reiさんは、ソフトバンクの株を追いかけるようになってから買っても負けても感動することがなくなり、「淡々と仕事をこなしている感覚に陥っている」と言っていますが、この心境は非常に重要です。すなわち「欲の支配から脱却できた」わけです。損したくない、儲けたいという欲に支配されると、冷静に動きが判断できなくなります。

ただ淡々と「上がったら買う、下がったら売る」ができるようになれば、一歩前進と言うことでしょう。トレードを楽しみや遊びとしてやるのであれば、「儲かった、うれしい」と喜び、「大負けした、悔しい」と嘆いて、はしゃいでいれば良いわけですが、損したくないというのであれば、確実に小さな利益を残し続けるという考え方が重要になってきます。

であれば仕事と同じです。仕事で毎日はしゃぎ回る人はいないでしょうし、仕事に感動を求める人はいないでしょう。毎日淡々と、確実に地味な作業をこなす。これが仕事です。トレードを確実にお金を残す仕事として考えるなら、感動やスリルを求めてはいけないのではないでしょうか。

1150-3.gif

これがReiさんが追いかけているというソフトバンクの日足チャートです。
たとえば、このチャートで「マドを買って、陰線で確定」という単純な手法で繰り返しトレードをすれば、結果は下表のようになります。
1150-3-1.gif

勝率としては3勝4敗と負け越しですが、損益はプラスです。つまり「これが私の目指すところの4勝6敗でもプラスという投資の考え方」の基本です。すなわち考え方としては、霧子さんも同じ考え方ですが「損を小さく切っていって、利益を大きく伸ばす」という考え方なのです。

初心者がなぜ損をするか?の大きな原因は、これの逆の考えでやってるからなのです。「利益を小さく切って、損は大きく伸ばす」だから勝てるはずは有り得ないということです。この考えから脱却できない限りトレードで利益を残すことなどできるわけはないということです。

初心者が損をするのは、テクニックでも知識でもなく考え方の基本が間違っているということです。つまり考え方を変えなければ何も変わらないということで、すなわちトレードで上達できるかどうかは「やるかやらないか」ただそれだけのことだということです。
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク