FC2ブログ

ポジ売りとは

ユキさん
>ボジ売りとは、如何な売りの事ですか。公開質問では、お恥ずかしいですが、すみません。

このブログでの大原則は、質問についてはすべて公開回答とさせていただいています。ここの会員の入会資格は超初心者ということになっていますので、ほとんどの人が初心者だと思っています。また、現実のトレードをしたことのない人も数十人程度入会しています。

ですから、どんな初歩的なことにも回答していくつもりでいます。また、非公開のブログですからどんなことでも遠慮なく質問してください。当然、プライベートな質問については公開しませんし、メールの内容にプライベートな部分が含まれていれば編集して掲載させていただいています。

簡単な質問については「会員交流掲示板」を利用していただければうれしく思います。

そこで質問の「ポジ売り」ですが、あまり意味はないと思います。私の場合、3000万円の余力に対して1/3の500万~1000万円の株(ETFを含む)を保有しています。これを買いポジション、余力をキャッシュポジションと呼びます。

株式投資による資金運用は、現金から株式へ、株式から現金への資金移動をすることによって、その差損益が運用損益となるわけです。ですから、株式投資による資金運用においては、利益確定とか損切りとかの概念はないわけです。すなわち、現金から株式への資金移動が「買い」であり、株式から現金への資金移動が「売り」ということです。

ということですから、常に株式を保有して資金運用している投資家のトレードには、現金から株式に資金移動する「買い」と、株式から現金に資金を引き上げる「売り」があるだけで、その売りに利益確定も損切りという概念は存在しないということです。

私の場合は、通常3000万円の余力に対して2/3をキャッシュポジション、1/3を買いポジションとして資金管理をしていますので、新しい銘柄を買った場合、キャッシュポジションの比率が2/3以下に下がってきます。そこでポジションのバランスを取るために、買いポジションを引き下げなければなりません。そのためにキャッシュに引き上げる(売る)のがポジション調整の売り(ポジ売り)ということです。

少額資金でトレードしている人は、一銘柄を買って、売るという単一のトレードをすると思いますので、この考えはほとんど関係がないと思いますが、複数株を保有している人には、参考になるかも知れません。

たとえば、含み損株を2000株持っていて、買いたい銘柄が見つかった時、含み損株を保有したまま、余力を使い果たして買う方法と、含み損株を1000株売って、その資金で買いたい株を買うという方法があると思いますが、そんなときは損切りになるからと余力を使い果たすより、「ポジション調整の売り」と考えて、余力を残して乗り換えるのがベストの選択になると思います。
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク