FC2ブログ

利を伸ばす必要はない

チャートクイズや掲示板の書き込みを見ていて感じるのは、みなさんいかに利を伸ばすかに意識が集中しているように感じられる。利を伸ばすことが本当にトータルで利益を残すことになるのだろうかと私は考える。

みなさん誰でもが5000円の利益確定をすることは簡単にできるのではないか?ならば簡単に毎日5000円ずつ抜いていけば、確実に利益は増えていく。私は、それがトレードの基本的な考え方だから、利を伸ばそうとは考えていない。

たとえば、1ヶ月(20日)保有し続けて10万円の利益を得たとしよう。これを利を伸ばすと考える人は、保有し続けることが利益が増えることだと考えるのであろう。

だが、1日5000円を確実に抜いていけば、5000円×20日=100000円の利益を得ることになる。
と考えたとき「利を伸ばすことが利益を残すこと」にはならない。

トレードで考えなければならないのは「リスクに見合う利益が得られるかどうか」であり、損するリスクは保有すればするほど大きくなる。たとえば、あの大震災で大損した人は利を伸ばすと考えていた人で、1泊2日程度で5000円~10000円を確実に抜いていくと考える人は、ほとんど暴落の影響を受けていない。

トレードは「いかにリスクを少なく、確実に利益を得る」ことを考えるべきだと私は思う。いかに「リスクを少なく・・・」という面において「早めの損切り」もこの考えのなかにあるわけです。ウッチーが成功できているのは「利を伸ばそうと考えていないこと」と「たとえ1000円でも確実に取っていく」というところにあると私は考えています。

むかし競馬場に入り浸っていた頃の友人であるプロの馬券師が「取ろう取ろうは取られる元」と言っていた。また、私に麻雀を教えたプロの雀師は「1000点で上がるのがプロ、役満を狙うのは素人」と言っていた。

ギャンブルの世界で生きている彼らの教えの共通項は「大きく狙うのは素人で、プロは確実に取れるところで取っていく」ということだということだろう。言いかえれば、確実に取れるところで取っていくからこそギャンブルで生活できていると言えるのではないだろうか。

簡単に取れる5000円の利益で満足できない人は、トレードを楽しんでいる、遊んでいる、ということであり、遊びでやっているのであれば、当然、遊んで楽しんだことに見合う対価(損)は支払うことになるのであろう。
関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク