FC2ブログ

移動線の意味を考えてみる

猫美さん
>最近入会したものです。いつも楽しく勉強させてもらっています。チャートってそういうふうにみるんだって毎回なるほどと思いながら今まで何を見ていたのかと思いながら毎日読んでいます。そこで私もちゃんとチャートと向き合ってみようと思い銘柄選びから始めようと思いました。あのー、そこで質問なのですが、先日銘柄選びで「株価と75日線がゴールデンクロス達成」したものがいいと掲載されていましたが、これはこれでいいのですがストックボードには他にもいろいろあって「5日線と25日線のゴールデンクロス」というよく聞きなれたものがあったのですが、これよりやはり75日線と株価のゴールデンクロスを活用したほうがいいのですか?


まず移動線とは何か?について考えてみましょう。移動線とは過去の株価の平均値です・・と説明すれば「あっ!そぉ~」で終わってしまいますが、こう考えてみましょう。過去の株価の平均値とは、言いかえれば過去に株を買った人の平均単価ということになります。つまり「移動線=過去の平均株価=平均購入単価」ということです。

これを頭において移動線を考えてみましょう。移動線より株価が上にある状態は、大多数が含み益の状態にあるということであり、移動線が右肩上がりの状態は、大多数がどんどん買い進んで買い単価を引き上げている状態と言うことです。つまり参加者が強気でなければ株を積極的に買いません。と考えた時、大多数が含み益であるならば、大多数が強気になっているということであり、強気になっていれば「買う=上がる」となるわけです。

これが「移動線が右肩上がりで、かつ株価が移動線の上にある株を買え」と言うことなのです。

次に25日線を基準にするのが良いのか、75日線を基準にするのが良いのか、という質問ですが、これも移動線を平均購入単価とみなせば、株価が移動線の上にあった場合、過去75日間に買った人が含み益となっているのと、過去25日間買った人が含み益になっている場合を比べれば、過去75日間に買った人の方が多い、すなわち含み益になっている人が多いわけです。

そう考えた時、75日線が最も強く、次に25日線となるわけです。

そこで株価と移動線のゴールデンクロスをどう考えるかということですが、いままで含み損だった大多数がプラマイゼロになった状態ということです。いままで含み損だった人がプラマイゼロになれば、普通の人はやれやれ損がなくなったと売ってきます。大多数がそうするわけですから、上がってきた株価でも移動線が抵抗ラインとなって再び押し下げられるわけです。

そこで移動線を抜くことができるかどうかが重要な注目ポイントとなるわけです。つまり株価が移動線を抜けたということは、いままで含み損だった人が売ってくる以上に買いたい人が多かったという状態を表しているということになり、言いかえれば「弱気から強気に転じた」ということになるわけです。

まとめれば・・・
75日移動線が右肩上がり、もしくは水平で、株価が移動線を上に抜けてから、いったん下がってきた押し目を狙うのがベストの買いポイントとなります。当然、再び株価が75日線を下に抜けないことが絶対条件です。

関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク