FC2ブログ

メンタルダメージの回避を

hikariさん
>諏訪様 おはようございます。株価が噴き上げる予兆 うんうんと読ませていただきました。 わかりやすい解説ありがとうございます。私の場合最近 これは来た~と思ったとこは 全然早いんです。窓開けて陽線だーと入ったら 陰線で 後場損切りです。だましの後に買い場が やってくる事もあるということに最近気付きました。しっかり観察し続ける事は大事ですね。サークルに入会させていただいてから3カ月 プラスです。 ~ 略 ~4819 デジタルガレージ2枚は抵抗線を突破したので 少し粘ってもよいのでは なんて思っていますが諏訪様はどう 思われますか・・?昨日の後場 5726の大阪チタニウムも27日後場6050円で入りました。こちらの方もよろしく お願いします。連休が続きますので こういう時は 少し玉を軽くした方が良いのでしょうか?でも 持続したい思いです。売り玉が入ってないので 今 不安です。これから候補を探そうと思っています。よろしく お願いします。

ここからどこまで上がるかということは分かりません。ですから考え方としては、メンタルダメージを受けないことを考えるべきだと思います。つまり、上がることを考えるより、急落した時、自分のメンタルにダメージを受けないかということです。

一度メンタルにダメージを受けると次からのトレードで弱気になり、ヘッピリ腰でトレードに臨むから大きく取れないということになります。つまり、これから先のトレードを考えた時、今の強気のメンタルをいかに持続していけるかが重要になってくると思います。

よって長期の連休前ですので、株の保有者は売ってくることは当然予想されます。あなたの場合は複数株を持っていて含み益になっています。ここで大きなリスクを犯す必要があるのかということも考えてみる必要があるでしょう。

私の考えを言えば、リスクとリターンを秤にかけ、かつメンタルダメージを回避する(後悔しない)ということを考えた場合、複数株ある場合、1枚だけ残してポジションを軽くするのが最善の策だと思います。あるいは、霧子さんの方式で、5日線で利益確定をすると基準を決めて確定してしまうというのも一つの方法でしょう。

トレードでは、リスクとリターンの兼ね合い、そして最悪の場合のメンタルダメージの大きさも考慮に入れることが重要なポイントだと思います。

また、トレードは戦争ゲームみたいなものですから作戦が必要です。とした場合、負けた時の作戦も考えておく必要があります。つまり勝っているからと、イケイケドンドンで弾を撃ちつくしてしまうと、負けたとき、弾がないのですからもう次の作戦を立てることができません。ですから、勝ち続けているときでも常に負けたときのことを想定していることは重要なポイントだと思います。すなわち弾とは余力のことです。

いずれにしても成功しているのですからがんばってください。

関連記事
プロフィール

諏訪真吾

Author:諏訪真吾

掲示板
<会員交流掲示板>
記事検索フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク